2020 AFFINITY CYCLES kissena Custom bike アフィニティー キッシーナ カスタムバイク ピストバイク

カスタムバイク





最新情報!

オリジナルウェアブランド「TAMPER」を立ち上げました!オーダー・購入は下記より!

最新モデル発売中!

*すでに完売したサイズもあります

https://tamper.stores.jp

LATTE
こんにちは!こんばんは?メッセンジャーを本業にしながら、サイクルウェアをデザインしているLATTEです。

今回は、恐らく、、!

6年ぶり?になるピストバイクを購入したので、

AFFINITY KISSENA(アフィニティーキッシーナ) をブランド背景も含めてレビュー致します!




そもそもアフィニティサイクルズってどんなブランドなの?

ピストバイクで有名な「アフィニティサイクルズ」

アメリカのニューヨークブルックリンの自転車ブランドでフレームやアパレル、自転車にまつわる色々なグッズを展開しています。

元々アフィニティは、アメリカにショップがあったんです!

ニューヨーク ブルックリンのウイリアムズバーグにて2007年、ショップが誕生します!

色んなメーカーのバイクを取り扱うショップというよりかは、地元に根付いたローカル感溢れた、地元のライダーたちに愛される自転車ショップというイメージが近いとおもいます。

アフィニティの代表的フレーム

地元のメッセンジャーとの交流、そしてライドテスト・フィードバックを行い、ピスト乗りの方はよくご存知のあのモデル!初のオリジナルモデルである、

「LOPRO ロープロ」が誕生します。

https://affinitycycles.com/shop/lo-pro-18percent-grey より転載

パシュートモデルのロープロは荒れたNYのストリートライドにも耐えうる強度と走行性を兼ね備えたフレームになっていて、メッセンジャーのフィードバックをもとに造られてるだけあって「ストリートライドに適した造形」を表現したようなフレームになっています。

そして私が今回購入したモデル、、!

ロープロに並ぶオリジナルモデル、アルミ7005番代を使用したストリートフレーム!

  KISSENA!  

https://affinitycycles.com/shop/film-grain-kissena より転載

名前はキッシーナと読みます!

名前の由来はアフィニティと縁があったキッシーナというトラックコースの名前からとって名付けられています。ピストバイクといえばトラック、競輪といったイメージが強いと思います、その印象と流れを組んだ由来というのも、、なんかグッときますね!。

キッシーナはロープロとは違った、ピュアレーサーといった印象が似合うフレームです。

エアロフレームのシートチューブ!

縦剛性バリバリのアルミフレームでありトラックレースやクリテリウムレースでも賞を取るなど、レースシーンでも使える本格的なフレームになっています。

ただのストリートフレームでは無い、本気のフレーム!そんな印象です!

拘って組んだピストの紹介!

今回組んだアフィニティーのキッシーナーのポイントを一言で表すと、

「ロングライドできるピスト!」

街乗りもしますが、基本的にロングライドが好きな自分としては、近場乗りだけではなくて、ロードバイクでいくような場所まで、ピストで流しながら長距離乗って楽しむという事をやっています。

それに目覚めたのも、ピストに乗り始めて1年ちょっと立った時に、東京から大阪までピストで二泊三日のライド旅行したのが、きっかけになっています

なのでロードバイクのような仕様でブラケットスタイルにしています!

使用したパーツを紹介していきます!

使用パーツ

・ハンドル:ZIPP サービスコース 420㎜

・ステム:ZIPP サービスコース 90㎜

・バーテープ:MASH BINARY BAR TAPE

・シートポスト: トムソンエリート

・クランク:ローター 170mm

・チェーンリング:スギノ禅 49T

・コグ:ユールアジアシルバー 17T

・チェーン :HKK

・ハブ:DT SWIS highflangetrackhub 20H&24H

・リム:HEDbelgium C2 700C

・タイヤ:コンチネンタル GATORSKIN

・ブレーキ:DIACOMPE

・ブラケット SRAM シングル

パーツのこだわり

ロングライドできるように、そして街乗りなどでスキッドしたり、ピストならではの楽しさも味わえるように考えて組んでいます。

ホイールはロング仕様で少しでも軽量化させつつも、剛性は最低限保つために少し太めのスポークをチョイスしています。スキッド対策というのもありますが、全体の見た目にも気をつけて20&24のホール数に落ち着いています。

また、以前から使って見たかったパーツを詰め込みました、特にローターのダイレクトクランクハンドル周りのZIPPは最初に決まったパーツでした。

チェーンリング・コグに関しては、以前ピストに乗っていた時に使っていた信頼のおけるセットで、同じギア比 2,88に設定しています。

これからロング含め乗っていくのがとても楽しみです。

YOUTUBE 版のイメージビデオはこちら!

YOUTUBE 版のレビューはこちら!