[バイクロア] 秋ヶ瀬バイクロア8 初参戦 [イメージ多数][シクロクロス]

お勧め

Tomonari
 秋ヶ瀬バイクロア8 CXレースに参加してきました!




秋ヶ瀬バイクロアとは?

DJブース!グランピング感のでたブース




大人も子供も、誰もが参加できる「自転車の運動会」と「自転車の文化祭」をミックスし、さいたま市 秋ヶ瀬公園 にて、2日間にわたって行われるアウトドアイベントです。

公園内に特別に設けられた2km前後の周回コースでの本格泥んこ自転車レースを中心としていますが、 自転車にまつわる各種展示や催しもの、アウトドアでの美味しい食事や、ワークショップなど、 レース参加や観戦以外でも存分に楽しむことができます。

*バイクロア8HPより引用

秋ヶ瀬公園にて行われる、「自転車&キャンプの祭典?!」と言えるかもしれないです!

(個人的にものすごく楽しかったので)

今年からはキャンプなども出来、「グランピング」のような要素も足され自転車好きの方だけじゃなく気軽に楽しめるイベントになっています!

レースの観戦・参戦はもちろん、出店ブースでのお買い物・お食事も楽しみの一つです!

自転車レース概要

エントリー中の一コマ

2日間で行われる「バイクロア8」!レースカテゴリーも様々あります。

個人的なお勧め・感想含め、レースの種類を紹介!

シクロクロスを「レース」として楽しみたい方向け!

・バージンクラス(シクロクロス初心者・自転車レース初めての方向け!)

・チームラリー(2〜4人のチームを作り参加できるチーム対抗型レース)

・ファンクラス(私が参加したレースとにかく楽しい!楽しみながらレースを完走したい方向け!?と言いつつガチ勢も混じっていて、白熱のレース!)

・ファストクラス(最速を競う、トップカテゴリーの選手モデルスピードレースシクロクロスを極めたい方は是非!)

・トラッククロス(一番見ていて、ワクワクしたレース、固定ギヤ(ピストバイク)を使用したトラックバイクレース)

性別・年齢別レース!

・レディースクラス(女性のみ参加可能!熱き女達の戦いが繰り広げられる)

・ジュニアクラス(小学生が参加できるショートコースでのレース)

変わり種?!おもしろレース!

・パーク&ライド(周回コースを走ってもよし!自転車で行ってもよし!トレイルランなどをしている方も、活躍できるレース)

・オウルクラス(シクロクロス界のコスプレ大会?!目立ったもの勝ちのファニーなレース)

・デニムクラス(Gパーン・Gジャン デニム生地の物を着用して走るお洒落?!なレース)

・カーゴバイクレース(荷物を積み込む所からスタートのユニークなレース。速さ+運んだ荷物の量で勝負!)

・迷彩レース(迷彩服を着たソルジャー・お洒落さん大集合見た目と自転車のギャップがたまらない!)

・FAST PACKING RACE(一番見ていて、異質だったレース笑 テントをたたみ、自分の自転車に積み込みレースをスタートするというバイクパッキングレース)

景観・季節感・非日常を楽しめる!

・サンセットレース(夕闇迫る、薄暗い中ライトをつけて走る幻想的なレース。私は寒くてここまで見れませんでした。)

・ARAKAWA 12(キャンプエリアが解放された今年、夜通しで行われるクレイジーな耐久レース。体力自慢は参加する価値あり?!)




お勧めレース

たくさんレースカテゴリーがある中でも、私が乗ってきた自転車ルーツでもあるこの二つのカテゴリーを押したいです!

  • ファンクラスA
  • トラッククロス

ファンクラス

まずは私が参戦した「ファンクラスA」約60人ほど参戦していたこのレース。

シクロクロス初心者からトップカテゴリーの方までが参戦し、順位も出る。

ルールとして、一周約2キロのダートコースを走り、1週目のトップの選手のタイムをベースに何周するかが決定します。

(レース時間が約30分前後のため、それに収まるよう配慮したレースになっています。)

今回の場合全部で「6周」約12キロのコース!トップ選手は一周5分前後で走っていることになります。。。。。(おそるべし、、、。)

初参戦でしたが、「勉強不足・知識不足」がたたり、アクシデントだらけ笑 (泥だらけ万歳!)

コース内には、「丸太」「泥のぬかるみ」「落ち葉」「砂利」「砂」「ブリッジ」自然を利用した様々な障害物が設置されています。自転車でそのまま走り抜けるのか?降りて走るのか?

判断力と走力、ダートに対しての知識が総合的に必要なシクロクロスのレース、降りるべき箇所で突っ込んだり笑 降りなくていいとこで降りたり、減速したり。。間違いだらけのオンパレード笑 勉強になることだらけでした。。。!

日頃メッセンジャーをしていて体力に自信はあれど、結局のところ「テクニック」がものをいう。さらに、一番個人的に気をつけるべき点を上げるならば「タイヤの空気圧!」

シクロクロスをやっている先輩メッセンジャーより、「空気圧は低めにね!」とアドバイスをもらっていたのですが、多少減らして行ったものの反発が強く、グリップ感が少なかったです。(ざっくり減らすのはやめましょう、、!)

クリンチャー(w/o)なら、2.5barを基本に上げ下げしてみてください。チューブラーは低圧でもパンクしにくいため、1.2barまで下げる選手もいます。

http://www.kyoto-cf.com/cross/faq.html

上記引用記事にもあるように、「低め」低めです!笑

下記のタイヤゲージでしっかりと調整することをお勧めします。(自分も買うことにしよう)

トラッククロス

固定ギヤ(ピストバイク)を使った「トラッククロス」レース。

スタートが独特でメッセンジャーのレースのように、自転車を置いてある場所に一斉に走り、

自転車をピックしてスタートする。スタートから興奮度はすごく、見ているだけでテンションが上がります!!

スライドショーには JavaScript が必要です。

ブレーキのない、固定ギヤで走り抜ける選手を見るのはスリル満点、また乗りたくなりました、、!ウィリーやスキッドをおりまぜ観客を沸かせる姿もとてもかっこよく歓声度はかなり高かかったです。

お勧めショップ

Above Bike

看板犬が可愛い「Above Bike」のブース。

シクロクロスのsquidbikesオリジナルペイントが映えるかっこいいフレームとオリジナル商品が目印。オーダーしたくなるフレーム、、。

Ventanaオリジナルシクロクロスアルミフレーム。16万円〜購入可能で、

ペイントもsquidbikesによるスプレーペイントまたは、AboveBikesのオリジナルペイントかが選択できて、自分だけの一台が手に入るのがいいですね!

スライドショーには JavaScript が必要です。

旅商人

ひきたてのコーヒーを入れてお客さんを暖めていたコーヒーショップ「旅商人」。

冬の寒い中、何回購入したやら、、笑

入れているのを見ているだけでも和み・暖まります。

まとめ

シクロクロスを純粋に楽しみたい!順位を競うのは、、とハードルが高く感じている方も!

個人的にも、自転車仲間とも楽しく参加できるのが、「バイクロア」。毎回レースに出て思いますが、スタート前の緊張感はたまらないですね。

学生以来のワクワクが蘇ります。「大人の運動会」が自転車レースやイベントにはありまた参加したいなと思わせます。

参加したことない方も是非、参戦して見ましょう!!!!

 

YOUTUBE CH も是非確認して見てください↓↓

Tomonari Miyauchi