[ロードバイク]DexShell ウォータープルーフ[防水手袋]

グッズ




Tomonari

こんばんは!日々自転車で人生を楽しくしている、

LATTEです!

今回は「防水手袋」について書きたいと思います!




YOUTUBE版レビューはこちら

BLOG版レビューはこちら

サイクリストの天敵「雨」

雨の日にあえてサイクリングしに行こうと思う方は少ないと思います。

ですが、通勤や私のように仕事として自転車を使用し、天候関わらず走らなければならない方にとって、一番の天敵になりうるのが雨の日。。

正直雨の日にサイクリングする上でのメリットがなかなか見つからないのが走りたくない理由になる要因だと思います。

・雨に濡れウェアが汚れてしまう

・ブレーキの制動力が下がってしまう

・体温が下がり楽しく走れない

・綺麗な車体が泥だらけ(綺麗にして整備するときは個人的に楽しいんですが笑)

などなど、考えればまだまだ幾らでも出てきますが、そんなことを考えていてもしょうがないということで笑。数あるレインウェア(ギア)の中でも、、今回は、、!!

私が仕事中に使用しているオススメの防水手袋を紹介します。(その他防水グッズの紹介もあるよ!)

DexShell DG328H

私が悪天候の際に使用している手袋が、、、!

防水・通気に特化したグローブ 「DexShell DG328H」

(1)*商品概要

ハイビズイエローカラーの強い視認性を持つこちらの防水・通気タッチフィットグローブ イエロー「DG328H」は防水・通気の優れた特殊グローブです。防水かつ通気性を誇るDexShellのグローブですが、優れた快適性 DexShell 防水製品には機能性素材が使用されているにも関わらず、特殊な製造技術により一般のアウトドアグローブと何ら変わりのない履き心地を実現しています。

(2)素材・構造

DexShellは3層構造になっています。アウターシェルはナイロンニットによる保護レイヤーの役割があり、高耐久性能と耐摩耗機能を併せ持ちながら撥水する機能があります。インナー素材は素肌に直接触れるため、フィット性能だけでなく、素肌の微妙な環境変化にも対応します。機能中間ライナーはPILMembrane社製の防水・通気機能のあるポレール被膜を使用しています。素晴らしい品質と優れた機能を持つ被膜により、DexShellは100%完全防水機能と通気機能を達成しました。

DexShell シームレス防水製品は独特の製造技術により、100%シームレス防水で透湿排汗性が高く、雨の中での活動が容易で脚部を快適に保ちます。

*ものすごく簡単に言えば3層構造で通気性にも優れつつ、水の侵入を防いでくれるよ!ということ。


メリット・デメリット

どんな商品にもメリット・デメリットはあります。(恐らく)

私が仕事中約9時間前後雨の中使用した際の使用感も含め記載して行きたいともいます。

メリット

1:防水性

撥水のように雨が水玉になってポロポロ落ちていくといった「視覚的」ものはないものの手が一定時間濡れるといったことはありません。

2:視認性

DG328Hは販売されているカラーとして「ネオンイエロー」「ブラック」の2種がある。私は、ネオンイエローを使用しています。

ネオンカラーが流行っているからというのもありますが、欲しかった色、そして視認性を求めてそのカラーにしました。

3:防寒・防水の二刀流

一番キツイ状況として、寒くて雨が降っている冬の雨!!

1~3度までならギリギリ耐えれます。(ギリギリの時点で耐えれているのか)

ツッコミどころ満載ですが、二刀流!!

4:フィット構造

指部分含めピタッと感があり、手首部分のフィット感が強目で風が入りにくく、雨の侵入も防げるのでオススメです。

5:グリップ感
ハンドルを持つ裏側にはグリップ素材が全体的に貼り付けられており、グリップ感はとても良いです!

デメリット

1:完全ではない

最初の方に記載しましたが、「染み込んでこないとされる」という文章。

防水性機能を持つ商品には、「限界値」がある。いくら高性能でも受け止めきれない雨量がある。撥水性があり水玉となり落ちて行けば良いのですが、染み込んで蓄積して行けばいずれは限界がくる。耐水圧と呼ばれ有名な素材ゴアテックスなどを使用した商品にもどれだけの雨量に耐えれるかが記載がある。その値を超えると染み込んでくる。

この商品には耐水圧の記載が確かなかったと思います。(私の見落としかも)

実際に私が仕事で使用したときには、6時間前後で染み込んできました。

2:スマートフォン対応じゃない

これに関しては、そもそも、、この商品自体がスマートフォン対応していない。

なのでデメリットというより、メッセンジャー業務に不向きなのかも?!という事でデメリット枠に(いい商品なのにごめんなさい)

*ですが何故か一度水洗いし、その後使用すると普通にスマートフォンの画面操作できました。たまたまでしょうが。。。。

3:汚れが落ちにくい

私が使用している、カラーがネオンイエローだからというのもあるのですが、

汚れが洗っても落ちにくいです。こればっかりはしょうがないですが、気になる方はブラック購入をお勧めします!!




まとめ

今回レビューした防水手袋「DexShell DG328H」。

正直、長時間外にいなければ行けない状況下においては限界があり、自転車乗りの方に関しては賛否両論ある感じかと思います。ですが通勤や日常使いにはとても良い商品と言えます!

また、早速余談ですがメッセンジャー内では当たり前となっている、手袋?!的なものがありそれが、

バーミット!!」防水・撥水性のあるバーミット。ハンドルに取り付けることができて、素手で手を突っ込むだけであったかい!手袋を外さなければならない煩わしさわ無くなるし暖かい!ですが、、見た目が、、、。という方は手袋派になると良いかもです。

 

様々な商品があれど、その人のスタイルを貫いておしゃれに楽しく乗れるといいと思っています!それでは!!

TomonariMIyauchi