[ オススメ ] ヘルメットをご紹介!カーマー ・フェロックス[ Karmar Ferox ]

グッズ




最新情報!

オリジナルウェア・セレクトアイテムブランド「 TAMPER 」を立ち上げました!オーダー・購入は下記より!(即納商品有り!要チェック)

https://tamper.stores.jp

[ ラテのぼやきという名の一文 ]

Tomonari
9月後半!!涼しさも出てきたこの季節!私が仕事で最も大事にしている物第二弾?!使用しているヘルメットについて説明して行きたいと思います! のんびり読んで見てください!

YOUTUBEとブログでレビューしています!是非最後まで見てください(´ー`)b

 

YOUTUBE版レビューはこちら

*動画版の方が、各部位を写していて分かりやすいです。

*冒頭からヘルメットの名称を間違ってしまっていますが、、スルーして下さい、、、。

BLOG版レビューはこちら

さて仕事で欠かせなギアの一つ「ヘルメット」そんな頭を事故から守ってくれる、ギアの一つをレビューしていきます。

私は自転車を始めた頃、とりあえず値段が安くそれなりに見た目が良ければいいや・・!ぐらいの気持ちで、下記の「KABUTO」のヘルメットを購入いたしました。


*使っていた実物とは違いますが、グレードは似たものを使っていました。(廃盤になっていて見つけれなかったです,,,)

KABUTOのヘルメットでも良かったのですが、5年以上使っていて商品としては賞味期限のような賞物期限のようなものが切れていたのと、

塗装面もボロボロ、頭部に当たるパッドの部分も窶れてきていて、、流石にそろそろ交換かなと思っていました。

次買う時はどのようなヘルメットを買おうかなと構想しつつ色んなメーカーのサイトを見てまわっていました。

ヘルメットのデザインは見た目なのか?

皆さんはヘルメットを選ぶ時、どのように選びますか??

私はやはり先行するのは「見た目」です。

断然「見た目」です。

いやまてよと、、頭を守るの物なのだから見た目より、強度だろう!!!!!!

と思うかもしれませんが、正直、強度とかわかんなくないですか?!事故ったときにどうとか!?

そこまで考えてもある意味、意味がないというか。

そもそも安全なものを研究して各ブランドが制作されていると思うので、

心配する必要がないというのが正しい答えかもしれないです。(極論になってしいますが、、。)

話は戻りヘルメットの「見た目」で、気になる問題が「キノコのようなシルエット」になる事。

キノコらないヘルメットとはなんなのか

これは自転車乗りにとって、最大の難点!?!?なのではないかと思う、

これかっこいいじゃん!!と思っても、かぶってみると、フィットしていない(ここでのフィットは顔/頭の形状に合わないという意味)

ヘルメットを「かぶってる」というより、ヘルメットが頭の上に「乗っかっている」という感じ。

キノコってしまうというのはこういう事、シルエットがキノコみたいになってしまい、主役がヘルメットになってしまっている感じ。

ヘルメット支配の時が来た、、、(絶望)

ということにならぬ様に、顔のラインにあったヘルメット選びが大事になる!




 

選ぶ際にヒントになる事

1:アジアンフィット

この記載があるものはかなりキノコらない可能性が高い、一概に絶対似合うとは言えないが、

アジア人の骨格に合わせたデザインで設計されていて、顔のライン(曲線)に会いやすくなっている。

2:ヘルメット自体のデザイン

キノコってしまう要因として、私は二つの原因があると思う、

1.かぶる箇所の深さが浅い設計

浅いために、かぶった際に頭から高さが出てしまい、「乗っかっている」感が強くなってしまう。

2.ヘルメット自体の下部が曲線じゃない

曲線じゃないということはないと思うが、下記画像の様に横の部分が少し長いものはキノコってしまう!

オススメのヘルメットはこちら

正直お店で見るまで、「Karmar」というメーカーは知らなかったです。。。

 

<strong>Karmar 製品開発情報</strong>

"日本人にフィットするヘルメット"

■アジア人の頭の形状を徹底リサーチ
KARMORは約4万人(うち日本人2万人)に及ぶ、アジア人の頭の形状をリサーチしたうえで設計・開発。欧米人に比べて、
前後に短く横幅が広いというアジア人の頭の特徴を踏まえて、日本人にフィットし易いよう設計されています。

■キノコになりにくい
ヘルメットを被った際に気になるポイント「キノコのようなシルエット」
KAMRORはヘルメットサイドをよりスマートに設計。かぶった時のシルエットがスッキリ見えます。

■他社のアジアンフィットとここが違う!
他社のアジアンフィットは「2D(外周)」で設計されることが多く、アジアンフィットと謡うものでも装着感に差があるのが現実です。
KARMORのアジアンフィットは「3D」設計。外周だけでなく、4-5種類の測定部を設け、ヘルメットの設計に活かしています。

まさに「リアルアジアンフィット」

*リンク元

https://jp.karmor-sports.com/Special-FIANZA-jp

・韓国のメーカーで値段・仕様毎に数種類展開されています。(確かシマノが買収してたはず?!)

・キノコらない様に何万人というデータを元にアジアンフィットのヘルメットを設計しているメーカーさまです。

アジア人の骨格を研究し続けた結果、出てきたデザインはやはり違和感なくスッキリしたフィット感を実現している点は、

とても購入してよかったなと思いました。

まとめ

今回は「見た目」を気にした、「キノコらない」ヘルメットについて考えて見ました。

実際に使用して見てオススメしたヘルメット「Karmar Ferox」

形状・使用感・頑丈さ、どれをとっても良いお勧めしたいヘルメットです。

是非、店頭などで見かけたら試して見るといいかもしれないですよ!

ラテ

*SNSやっています!是非気軽にフォローしてください!

Twitter

Instagram


YOUTUBEリンクはこちら

↓YOUTUBE ページもぜひ見てください!そして応援していただける方、、、!

チャンネル登録よろしくお願いいたします!

(画像がリンクになってるよ!)